時期によって大きく違う!?賃貸物件の探し方のコツ

どの時期がいちばん探しやすいのか

賃貸物件を探すとき、できるだけいい物件に巡り合いたいものですよね。そのためには、探す時期というのも考慮してみてはどうでしょうか。探す時期によって、意外と探しやすさが違ってきたりするものです。探す時期というのは、要するに繁忙期か閑散期かという違いを考慮するということです。不動産会社にも繁忙期があります。いわゆる引っ越しシーズンと呼ばれる1月や2月3月あたりは、不動産会社もとても混雑するので、探しにくさがあるかもしれません。

繁忙期に部屋探しをするメリット

不動産会社の繁忙期は多くの人が部屋探しをしているので、不動産屋に行くと、時間をあまり割いてもらえなかったりなどのデメリットがあったりします。しかしいっぽうで、繁忙期に部屋探しをするメリットもありますよ。繁忙期は多くの人が集まるので、不動産会社が物件数を豊富に抱えていうことが多いんですね。要するに、部屋探しのための分母が圧倒的に多いのです。たくさんの選択肢の中から選べるので、お気に入りの物件も見つけやすいんですね。

閑散期に探すメリット

いっぽう、閑散期に探すのことにもメリットはあります。不動産業界の閑散期とは、だいたい6月や7月くらいのジメジメして暑い梅雨の時期ですね。この時期には部屋探しをする人自体があまりおらず、不動産会社もたくさんの時間を割いてくれることが多いです。物件数自体は繁忙期に比べるとかなり少ないかもしれませんが、また交渉のしやすい時期であるとも言えます。探す人が少ないので、契約を取るために不動産会社が妥協してくれることも多いからです。

賃貸管理システムを選ぶコツは使いやすい種類を探し、物件を効率的に管理する費用を安くする方法を選ぶことです。