監視だけが仕事ではない!サーバーに対して、他にも実施する作業

ランプ確認で正常に稼働しているかチェック

サーバーにはランプがついているので、緑色もしくは橙色にランプがついている場合には、正常の可能性が高いです。しかし赤くランプが点滅もしくは点灯している場合には、サーバーに異常が発生しているかもしれないですよね。サーバー関連の仕事をする際に、ランプチェックを行う事も大切になっていますよ。ランプによって、サーバー自体に問題が発生していないかどうか確認する事ができるので、多くの現場でランプチェックが行われていますよ。

室温もしくは湿度チェックを実施

多くのサーバーが設置されている部屋では、念入りに室温もしくは湿度調整がされている事が多いんですよね。ちょっとでも室温が高くなってしまったり、湿度が高くなる事でサーバーに異常が発生するかもしれないからです。その為サーバーが多く設置されている部屋では、温度計などが設置されており、厳密に管理されている事が多いでしょう。室温もしくは湿度によって、異常が発生しないように徹底的に管理されているので、これも仕事の一つですね。

ラックにサーバーを設置する作業

これは肉体労働になるのですが、専用のラックにサーバーを設置する事で本来の役割を果たす事ができます。サーバーは思っている以上に重くて、尚且つ繊細な機器になっているので、丁寧に扱わないといけないんですよね。乱暴に扱ってしまうとせっかく構築する事が出来たにも関わらず、初期化しなくてはいけなくなる場合もあるでしょう。サーバーの監視や構築だけではなく、所定のラックにサーバーを設置する大変な作業も存在しています。

レンタルサーバーとは、オンラインでハードディスクを借りることで、データのバックアップを容易にできるサービスです。