どこからどのように始まってるの?風評被害って?

いつ?どこで?だれが?

風評被害は、いつ・どこで・だれが起こしているか、または起きたのか考えたことがありますか?一番多く知られている風評被害は、自然災害時の被害です。例えば、最近の傾向では噴火です。噴火が起きるとメディアと呼ばれる報道や新聞で、取り上げられます。その情報を取り入れた人によって噴火した山の近くの観光地などにも影響が起きることが、風評被害です。メディアの情報伝達は、非常に速く広まりも早いのが、一番の特長です。

対策方法ってあるの?

風評被害が起こった時の対策方法は、原因の一端であるメディアを活用するのも手段の一つです。メディアの情報伝達の速さを利用します。利用する際は、厳重な注意が必要です。伝達の速さが非常に速いので、もし誤った情報を流してしまうと被害はさらに広がっていきます。利用する際は、慎重に正確な情報を伝えなければなりません。また、問い合わせなどの対応時には、どこでも同じ情報が伝達できるように情報を共有しておくのもいい方法です。

地道な活動も対策のひとつ!

例えば、観光地などで風評被害が起きたときは、観光地の役場などでホームページでPR告知をしてもらったり、観光協会などでPR活動してもらったり、それぞれのホームページで、安全性や問題点などが無いことを告知してもらいます。少し認知されるまでは、時間がかかりますが、確実に前向きな対策方法です。風評被害の一番怖いことは、長期化することです。長期化すればするほど悪循環に陥る可能性があるので、避けれるよう何かしらの対策は行わなければいけません。

インターネット上では匿名性を利用して誹謗中傷を行っている人も少なくありません。誹謗中傷対策は、インターネットに詳しい弁護士に相談しましょう。